ロータリークラブとは

クラブ概要

20世紀初頭、勃興期のアメリカ社会経済は著しい発展を遂げると同時に、商業道徳の欠如や倫理に悖る商取引が目立ち始めました。シカゴ在住の青年弁護士ポール・ハリスはこの風潮に憂い、1905年2月23日、友人3人と語らって、お互いに信頼のできる公正な取引をし、仕事上の付き合いがそのまま親友関係にまで発展するような仲間を増やしたい、という趣旨で初めての自発的会合を開きました。それが今日のロータリークラブの始まりです。「ロータリー」という名前の由来は、会合を各自の職業上の事務所で「輪番制」で開いた経緯から名付けられました。

わが国のロータリークラブは1920年(大正9年)10月20日、当時の三井銀行の米山梅吉が東京で創立したのが初めてです。翌年の10年4月1日には、世界で855番目のクラブとして正式に国際ロータリーへの加盟を承認されました。爾来ロータリーの精神は日本へ広く深く浸透して行き、現在に到っています。このように、ロータリークラブとは、人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、世界における親善と平和の確立に寄与することを目ざした、実業人および専門職業人による世界的団体です。

このページのトップへ

クラブ目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること
第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとすること
第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること
第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること

このページのトップへ

4つのテスト

ロータリークラブメンバーには「4つのテスト」があります。
これはクラブメンバーが守るべき行動規範です。

言行はこれに照らしてから

真実かどうか
みんなに公平か
好意と友情を深めるか
みんなのためになるかどうか

このページのトップへ

ロータリー財団紹介

ロータリー財団
ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。当財団は非営利財団で、ロータリアンをはじめ、より良い世界を築こうというビジョンを共有する財団支援者の方々からの自発的な寄付のみによって支えられています。
ロータリー財団はこちら
米山記念奨学会
財団法人ロータリー米山記念奨学会は、勉学、研究を志して日本に在留している外国人留学生に対し、日本全国のロータリアン(ロータリー・クラブ会員)の寄付金を財源として、奨学金を支給し支援する民間の奨学団体です。
米山記念奨学会はこちら
ポリオ撲滅
世界でポリオの撲滅を果たすことができなかった場合、今後40年間に1,000万人以上の子供たちの身体の自由が麻痺によって奪われてしまうことをご存知ですか。スミソニアン博物館の展示「Whatever Happened to Polio? (その後ポリオはどうなったか)」のバーチャルツアーをご体験ください。
ポリオ撲滅はこちら

このページのトップへ

2018-19年度 RIテーマ

2018-19年度 RIテーマ
インスピレーションになろう
Be The Inspiration.

このページのトップへ

東京大崎ロータリーバナー

東京大崎ロータリーバナー

本バナーは、日本国旗をモチーフに当クラブのテリトリーに因んで、東京湾に昇る朝日が水面にきらめく模様を象徴したものです。

Explanation for the Banner

This banner is based on the Japanese flag and symbolizes the rising sun reflected in the sea at Tokyo Bay where is part of our club territory.

このページのトップへ