会員のご挨拶

渡辺 均

渡辺 均

2018-19年度 会長

クラブテーマ:「出会いを大切に、仕事・趣味で社会貢献を」エンジョイ ロ-タリ-ライフ
・当クラブでの出会った縁を大切により親しい交流のできるクラブを。
・各会員の職業、家族、友人などを卓話、スピーチで皆さんに知ってもらう。

東京大崎ロータリークラブだけでなく、ロータリー全体の会員が減少していると聞きます。会員増強を図るとともに、退会して会員の理由・事情を把握して退会者が出ないクラブ作りを目指したいです。活動方針については例会での会長挨拶で順次追加できるようにします。

活動方針

1 2017-18年度、川端会長の活動方針5つの項目を継続して推進します。
2 例会に参加したいと思える、有意義で楽しい雰囲気を作りたいです。
3 各委員会の委員長の方針を各会員で理解し、協力しあう。

 

このページのトップへ

佐藤 ひとみ

佐藤 ひとみ

2018-19年度 幹事

幹事方針

1 会長をサポートし、会員一人一人の活動がきちんと出来るよう、又笑顔の絶えないクラブにしたい。

クラブ幹事の職務

1 会長がリーダーとしてやり易い体制作り
2 会員一人一人の交流を深める活動を数多く出来るよう運営を考える
3 各委員長が決めた方針がスムーズに運ぶように努める
4 会員増強に努める
5 会長の提案にはなるべく迅速に対応する

このページのトップへ

柿本 榮三

柿本 榮三

2018-19年度 奉仕プロジェクト 委員長代行 幹事

活動方針及び目標

1 各委員会が活動しやすい体制づくりをサポートし会長方針に則り、喜びと笑顔あふれる活動ができるよう務めます。

このページのトップへ

小米良 松男

小米良 松男

2018-19年度 国際奉仕委員会(米山奨学・R財団)委員長

活動方針及び目標

1 会長方針に則り国際委員会活動の推進。
2 台北華南ロータリークラブ・パールハーバーロータリークラブ及び神戸中ロータリークラブの友好関係の推進。
3 ロータリー財団・米山奨学金を支援。
4 2750地区PBG・バンコクのRCに訪問し友好関係を築きたい。バンコクスリウオンロータリークラブへは子供たちへの支援を継続していきます。

実施計画

1 理事会・委員会にて協議しクラブ会員の理解のうえ実施。

このページのトップへ

石川 学

石川 学

2018-19年度 ロータリー財団委員会 委員長

活動方針及び目標

1 会長計画に則り11月ロータリー財団月間に寄付を募る。
2 例年US$100及びUS$40が目標であり、これを達成する。
3 ロータリー財団が開催するセミナーに参加予定。会員に報告する。

実施計画

1 ロータリー財団の活動について、10月に会員向けに説明を実施する
2 11月に目標額が集まるよう募金活動を行う。

このページのトップへ

植田 元

植田 元

2018-19年度 米山奨学委員会 委員長

活動方針及び目標

1 米山記念奨学事業の理解をより深化させる。
2 寄付金目標額達成を目指す。

実施計画

1 米山記念奨学事業に関する卓話を実施し、より理解をする。
2 寄付目標金額 435,000円
(内訳)・普通寄付金 145,000円(5,000円☓29名)
    ・特別寄付金 290,000円(10,000円☓29名)

このページのトップへ

高橋 孝典

高橋 孝典

2018-19年度 社会奉仕委員会(環境保全)委員長

活動方針及び目標

1 社会福祉法人げんき障碍就労支援センター「げんき品川」の事業活動を支援。
2 目黒川みんなのイルミネーションに協賛。
3 品川区内の小学校へのパラスポーツ体験学習の継続。
4 クラブ創立30周年事業としてスタートした2020年東京オリンピック・パラリンピックの 応援活動の継続。

実施計画

1 「活動方針及び目標」に基づき、従来より継続してきた意義ある活動を実施する。

このページのトップへ

林田 智洋

林田 智洋

2018-19年度 職業奉仕委員会 委員長

活動方針及び目標

1 「職業を通じて社会に貢献する」という理念の下、会員皆様の理解と協力を頂き、会員の奉仕活動を促し、意識の向上を図っていきたい。

実施計画

1 大崎警察署、品川消防署の優良職員の表彰並びに幹部の卓話
2 地域内の優良企業または公共社会施設への訪問・見学
3 本部委員による職業奉仕に対する卓話をお願いする

このページのトップへ

喜多川 和彦

喜多川 和彦

2018-19年度 新世代委員会(インターアクト)委員長

活動方針及び目標

1 青少年の育成活動を推進し、当地域におけるインターアクトクラブ事業の再開を検討する。

実施計画

1 「活動方針及び目標」に基づき実現に向けて努力をしていきたい。

このページのトップへ

柿本 榮三

柿本 榮三

2018-19年度 広報・クラブ管理運営委員会 委員長代行 幹事

活動方針及び目標

1 出席率向上に向け、東京大崎RCの充実した活動PRはもとより、各委員会の活性化を努め活動内容溢れる会報雑誌を作成したい。

実施計画

1 親睦活動委員会は、会員が興味を持ち、且つ参加を促せる内容を提案
2 SAA委員会心からのお迎えができる体制づくり
3 出席・プログラム・会報雑誌委員会は、会員の参加意欲を促すプログラム内容の充実、東京大崎ロータリークラブらしさに溢れた会報雑誌の作成に取り組み、出席率向上に向けた各会員へのお声がけ。

このページのトップへ

田島 武史

田島 武史

2018-19年度 IT推進委員会 委員長

活動方針及び目標

1 ITを活用し当クラブの活動を広く一般に知らしめる。
2 ホームページの活用により会員増強に寄与する。

実施計画

1 ホームページの更新・保守を随時実施する。
2 活動方針に基づき、個々の作業を迅速に実行するよう心掛ける。

このページのトップへ

鍋島 徹哉

鍋島 徹哉

2018-19年度 出席・プログラム・会報雑誌委員会 委員長

例会への出席率を向上させるために、各委員会及び会員との協力をし、プログラム等の工夫を行いたい。 

活動方針及び目標

1 例会への出席率の向上をはかる。
2 週報の活用方法の検討
3 新しい企画プログラムを各委員会、会員及び事務局と協議

このページのトップへ

矢吹 啓

矢吹 啓

2018-19年度 親睦活動委員会 委員長

活動方針及び目標

1 渡辺会長の方針に従い、ロータリーライフを通じて、色々な出会い、学び、喜びを享受し、共通の楽しみを見つけることを第一の目標に企画していきたいと思っています。子クラブの東京白金RCを始め、他クラブとの友好をより一層深めていくよう企画して参ります。

実施計画

1 前会長、幹事、ごくろうさん会 7/20(夜間)
2 夏季会員懇親会 8/24(夜間)
3 移動例会 10月12日-13日(栃木県那須温泉)
4 小炉辺(新人会員企画)
5 グルメの会(会員持回り)
6 忘年家族懇親会 12/21(夜間)

このページのトップへ

新井 智行

新井 智行

2018-19年度 S.A.A.委員会 委員長

活動方針及び目標

1 例会場の管理権者であることから、楽しく 秩序正しく運営されるよう、常に心を配り、気品と風紀を守り、例会がその使命を発揮できるように設営、監督するよう心がけます。
2 本年度、会長活動方針に従い、S.A.A.として、いかに魅力ある例会にするかを大切にし、スムーズな進行が出来るように取り組みます。
3 当クラブ来訪のお客様を歓迎し、例会中は気持ちよく、お過ごし頂けるよう努めます。
4 新会員がより多くの会員と早く知り合い、気軽に出席できるよう、雰囲気つくりを心がけたい。

実施計画

1 新会員に対して、ロータリーの活動に必要な知識・情報を提供し、一日も早くロータリーを理解して頂くため会員諸氏の協力を得て進めていきたい。

このページのトップへ

向 浩一

向 浩一

2018-19年度 会員組織委員会 委員長

活動方針及び目標

1 会員の融和を重視、会員の維持・増強に努める。
2 会員の意欲を高め、組織全体での活動を促す。
3 ロータリーの情報の共有と規則の情報を促す。

実施計画

1 会員同士の積極的なコミュニケーションを促し、円滑な活動を行うことにより、会員の維持・増強に努める。
2 親しみやすい雰囲気づくりに注力し、会員同士の絆を深め、退会防止に繋げる。
3 会員同士の情報交換など活発な連携を行うことにより、会員全体の一体感を強める。

このページのトップへ

向 浩一

向 浩一

2018-19年度 会員増強・会員維持委員会 委員長

活動方針及び目標

1 会員数の維持・増強に努める。
2 地区大会、親睦活動など会員の積極的な参加を促し、会員全体の意識を高める。
3 各会員にお願いし、有望な会員候補者をリストアップする。

実施計画

1 新会員を推薦したロータリアンを表彰し、新会員へのフォローも積極的に行っていく。
2 会員維持のため、委員をはじめ、会員同士の知識や情報共有を行い、意欲を継続させるよう努める。
3 既存会員へ、今期中に最低一人以上の会員候補者をゲストとして御招待する。

このページのトップへ

平井 英宣

平井 英宣

2018-19年度 職業分類・会員選考委員会 委員長

活動方針及び目標

1 職業分類が適正かどうか整合性を確認し職業分類表を整備する。
2 委員会は随時開催する。

実施計画

1 未充填職業分類一覧表を充実し、会員増強に協力する。
2 会員選考について各委員会と連携して慎重に選考審査する。

このページのトップへ

竹田 恆和

竹田 恆和

2018-19年度 ロータリー情報・法制委員会 委員長

活動方針及び目標

1 ロータリー精神にのっとり、当クラブの理念や活動が沿っているかをチェックする事、そして会員の協力を得てクラブ発展に尽くしたい。

実施計画

1 積極的にクラブ会員の意見を取り入れてクラブの活性化をはかる。
2 クラブ活動が緒規範に抵触しないかをチェックする。
3 新入会員予定者の審査を行う。

このページのトップへ